架空請求

架空請求とは

悪徳商法の中でもダントツに被害の多いのがこの架空請求です。

その中でも特にアダルトサイトや出会い系サイトへのアクセスによる架空請求が横行しています。「お試し無料」「無料登録」「完全無料制」など、「無料」という文字で消費者を誘い込みますが、クリックしたとたんに「登録が完了しました。○日以内に○万○千円を指定の口座にお振込み下さい。振込みの確認ができない時は、貴方の個人情報を開示請求し、自宅や会社に取り立てに伺います」等の請求画面が現れるのです。

利用しているプロバイダや1台1台に割り当てられたパソコンの情報は、簡単に外部のパソコンから伺うことができるので、それらが業者側に記録されたように見せかけられ、初めてこういうものを見た人はすぐに焦ってお金を振込んでしまうわけです。

また、その時に請求がなくても、あとでメールや電話で請求されることが多々あります。そして、債権回収業者と名乗る者が「債権を譲渡されたので、振込みのない場合は自宅や勤め先まで伺います」などの文句で威迫してきます。

一度でも利用した覚えのある人は、法外な請求にもかかわらず、これに動揺し業者の言われるがままおに金を払ってしまうのです。

商品や現金が当たったいう懸賞の誘導メールが迷い込んでくることもあります。メールに記載されたアドレスにアクセスすると、当選商品の発送のために名前や住所などの個人情報が求められます。自分が応募した懸賞なのかということも確かめずに、得した気分になって大切な個人情報を流してしまうことになります。

対処法

例えアダルトサイトや出会い系サイトを過去に利用した覚えがあっても、それは別の業者が貴方の個人情報を手に入れて請求している可能性もあります。また同一の業者であっても、法外な請求になっていることは多々あることです。そういった請求に対して簡単にお金を振り込んでしまうのはとても危険なことなのです。

お金を振り込めば、しつこい請求から逃れられると考えがちですが、そうはいきません。悪徳業者は貴方の大切な個人情報を横流ししますので、振込みをしてしまった貴方は「カモ」として次々と身に覚えのない請求をされることになります。

請求をしてきた業者が正当な債権を持つ業者なのか、また妥当な請求額であるのか等を確かめる必要があります。

債権譲渡は譲渡する側が債務者に通知する必要があり、譲渡された側が通知して来ただけでは支払い義務はありません。

正当な債権回収業者であっても、出会い系サイトやアダルトサイトなどの債権は回収できないことになっています。

債権回収業者であると名乗られた時は、弁護士が必ずいるはずですから、その弁護士名・所属弁護士会・弁護士登録番号等を聞いてみましょう。これで退散する可能性もあります。

請求されたお金を、本当に払わなければならないかと、ご心配の方は迷わずご相談下さい。請求ハガキなどが届いた場合には、無料で調査しますのでこちらにもファックス等で送ってください。


まずは無料メール相談をご利用下さい。

Copyright (C) 2007 クーリングオフ相談所 All rights reserved.