行政書士に書面作成等を依頼するメリットとは

行政書士に依頼するメリット

安心感の提供

行政書士は国家資格であり、誰でも自由に開業できる職業ではありません。したがって豊富な法律の知識などが必要とされています。しかし扱う業務が幅広いため、それぞれが得意・専門とする分野で活躍をしているのが実状です。そして、それは弁護士や税理士の方なども同じです。

そこでクーリングオフや中途解約などの手続きを依頼する場合にも、その行政書士が何を専門にしているかを考える必要があります。日々その得意分野をさらに磨いているため、安心してお任せ頂けると考えています。

ただし、行政書士は紛争となった事件には関われず、相手方と直接交渉をすることは許されていませんので、こういった場合は、本人自身が交渉をするか弁護士に依頼することになります。

業者への圧力

普通の良心的な業者なら、クーリングオフや中途解約も消費者センターの言うようにハガキ1枚で処理できるでしょう。しかしながら、多くは業者側が不当な勧誘や法外な請求、アフターサービスの悪さなどによって、消費者がトラブルを抱えることになり、そのためにクーリングオフや中途解約をすることになるのですから、単にハガキ1枚で解決できるものばかりではありません。

個人名のみで、ただ「契約の解除をします」と書面を送っても、無視されたり、言いくるめられたりすることもあります。

そこで有無を言わせぬ法律に基づいた文面で対応することが必要になってきます。しかも法律家の銘を入れることにより、さらに圧力を伴って無事に解決する確率が上がることになります。

最近では、契約書に「債権を譲渡することを予め了承する」などの条項を入れて、債権を譲渡し、クーリングオフを妨害しようとする業者がいるようです。法律など分からないほとんどの消費者にとっては非常にあくどいやり方だと思います。

時間の有効活用

個人で正確に法律に基づいた文面を作成するためには時間と労力が必要になってきます。特に会社勤めであればその時間さえもうまく取れないのではないでしょうか。そんな時にこそ我々のような専門家を利用して頂きたいと思います。

もちろん有料にはなりますが、時間や労力の節約を考えれば、その代償以上のものが得られることもあるでしょう。

的確なアドバイス

悪質な業者は、気が弱くて泣き寝入りをしてくれそうな人には、次から次へと商品の購入を迫ってきます。契約解除の通知を出した後でさえ、無視して違法な請求をしてくることもあると思います。

そのような場合にも、もちろんどのように行動するべきかをアドバイス致します。そして無事に解決した後も、二次被害に遭わないように、できるだけのアドバイスを致します。


まずは無料メール相談をご利用下さい。

Copyright (C) 2007 クーリングオフ相談所 All rights reserved.