資格商法への対応

資格商法とは

この詐欺では電話による勧誘が多く、自宅だけでなく職場にもかけてきます。

特に資格試験の中でも人気の高い、行政書士や宅建主任の教材などの販売が多いようです。

売り文句は「必ず合格する」「会社を辞めた時に国家資格を持っていると安心して生活ができる」など、まさに夢のような話を延々と行い、無理にでも契約させようとします。

時には国家資格になっていないものを、「近々国家資格になるので今の内に取得しておいた方がよい」などとうそぶいて迫ってくることもあります。

教材の販売だけでなく、その教材を使って分らないところを通信教育の形でフォローするといった場合もあります。

話が長いので職場にかけてこられれば大変迷惑であり、「とりあえず資料を送ってくれ」と言えば、契約書や教材その物が送られてくるケースもあります。

対処法

映画スターなどのような有名人でない限り、そんな夢のような話が簡単に転がっているわけがありません。冷静になって考えて見ましょう。

ここでの教訓は、上記の言葉そのものが当てはまるのではないでしょうか。

メールでもしょっちゅうこういう手のものがきますが、下手に返答しないようにしましょう。私はいつもフリーメールでからかいの返事を送り返しています。「まともな仕事をしろ!この詐欺野郎!」等。言葉は選んだ方が良いでしょうか。


まずは無料メール相談をご利用下さい。

Copyright (C) 2007 クーリングオフ案内所 All rights reserved.