布団(羽毛布団など)のクーリングオフ

悪徳業者による羽毛布団の販売方法

悪徳業者による布団の販売は、突然の訪問によって始まります。

最も狙われやすいのは、昼間1人で家にいる主婦や、就職したての若者たちです。

気の弱い人や、社会に出て間もない人たちは、販売業者の優しい言葉遣いにうまく断りきれず、ついつい家の中に入れてしまうことがあるようです。

しかも、こういう業者は、最初に商品販売の目的を告げることはまずありません。

「今お使いの布団に、ダニなどがいないか無料でお調べいたします。」などと言ってくるのです。

そして、「この布団はダニがたくさんいるようなので、クリーニングに出したが方がいいですよ。」などと言って、無料のクリーニング券をくれることもあります。

最後に安心感を与えきったところで、「私どもの販売する布団はダニが付きにくく、汚れにくいですよ。」「今ならキャンペーン中なのでかなりお安くできます。クリーニングに何度も出すよりかなりお得です。」と言って、布団の販売を押し付けてくるのです。

親切に布団の話をしてくれるので、なかなか断ることもできない人が多いのですが、それでも勇気を出して断ると、今度は「こんなに長時間に渡って親切にいろいろ教えてあげているのに、買ってもらえないのですか。」としつこく契約を迫ってきます。

中には、契約書に判を押すまで、1人が玄関口に立って、ほとんど脅迫状態で迫ってくる最悪の業者もいます。

こういう業者が販売する布団は、大抵が直ぐにカビが生えたり、へたってしまったりする安物の普通では売れないボロ商品です。

対処法

何かの業者が予告もなくやって来たときは、ドアを開ける前に必ず、その目的や事業社名を聞いてください。

「布団の無料クリーニングに来ました。」などの言葉には注意してください。

今、キャンペーンをやっているから、今すぐにとか、今日中に契約しなければ安くなりませんなどの言葉が出てきたら、まずそれは嘘だと思って下さい。

都合よくキャンペーンをやっているような業者が突然あなたの所にやってきて、高級な布団を安く売ってくれるわけなどないのです。

羽毛布団であってもピンからキリまであり、安い順にフェザー、スモールフェザー、ダウンといくつかの種類があります。

さらに、ダウンと言ってもグース(ガチョウ)、ダック(アヒル)の2種類があり、グースの羽毛の方が大きいので、こちらの方が値段が高くなります。

またグースのダウンであっても、使われているダウンの量や品質の違いがあるため、そこにも値段の差が出てきます。

1,2万円程度しかしないような物を、普通で買えば100万円以上すると偽って、それを4,50万円くらいまでに値引きした形で売っていることもあります。

布団は中身が見えないので、さらに粗悪な物を高く売りつけてくる場合もあり得えます。

必要のない事を告げた後に、しつこく迫ってくるだけでも違法行為となりますので、相手の勢いに負けないようにしてください。

布団においても、通常のクーリングオフ期間(契約書の交付日より8日間)は無条件で商品の返還並びに金銭の全額返還ができます。

クーリングオフ制度が適用できる場合は、故意でなければ、汚れたり破れたりしても、何も問題はありませんので、堂々と解約を求めましょう。

当事務所におきましても、いくつかの違法的な布団販売業者に書面を送りクーリングフや解約を行ってきました。

8日間のクーリングオフ期間が過ぎた後での解約は、業者側の抵抗が予想されますが、消費者契約である限り、クレジットでの支払いであれば、とりあえず支払いの一時停止は可能です。

何よりも、突然、販売目的を隠して家に来た者たちからは、絶対に物を買わないという気持ちを持っておく事が大切です。

なお、自分で布団の販売店に行って購入したものは、クーリングオフの対象外となります。


まずは無料メール相談をご利用下さい。

Copyright (C) 2007 クーリングオフ相談所 All rights reserved.